スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ガンダムアストレイフォトンフレーム】

【ガンダムアストレイフォトンフレーム】
ファイター:シンドウ・ヒカル
ビルダー:ヤトウ・カナ
設定:
 シンドウ・ヒカルが操るアストレイブルーフレームのカスタム機。
 本来はヒカル自身の製作によって去年の第7回ガンプラ世界大会において≪ガンダムアストレイサイコフレーム≫の名で出場していたが、
ヒカルがなりきりに注力してしまった結果フィールドトラップであるコロニーレーザーを機体で受け止めて予選決勝にて惨敗したという苦い経緯を持つ。
 その後、幼馴染であるカナの手によって大幅改修が施され、
ヒカルの技術力では中途半端な完成度だった主要な機能も大方の完成へと至り、フォトンフレームという名前に変更となった。

 最大の特徴は機体各部に仕込まれたポリキャップによる換装能力。
アストレイ原作のブルーフレームがミッションに合わせて多彩に武器を変えるという特徴をさらに強化したものだが、
『バトル中による後天的な換装』というデタラメな能力となっている。
 ただしいくつかの弱点も存在し、≪設定可能な換装パターンは3種類≫、≪出撃時の武装は貧弱≫、
≪大量の粒子を必要とし、高速で周囲の粒子を吸収する必要があるためフレームがむき出しな事で吸収効率の良いアストレイ以外のガンプラでは実現が困難≫という難題も抱えている。
吸収効率の面ではイオリ・セイの製作したガンプラ、≪スタービルドストライク≫に装備されているアブソーブシールドの機能を導入するプランもあったが
ヒカルにもカナにもその機能自体を作ることができなかったため見送りとなった。
 主に全身武装を行うため対荷重性能も強化されており、通常サイズのMSとしてはケタ外れの馬力を持つ。
以上の点から総じてアストレイの特徴を更に伸ばした機体となっている。

 また、奥の手として全身を粒子タンクに見立て、一気に放出する事で機体性能を飛躍的に強化する≪フォトン・ドライブ≫という機能を持つ。
知名度などからもスタービルドストライクに搭載されている≪RGシステム≫と混同されてしまいがちだが、
あちらが粒子を機体内にも浸透させる事で機体性能を強化する機能であるのに対し、
こちらは空気のように圧縮した粒子を解放する事で機体を普段以上の力で動かすシステムとなっている。
無理矢理な力技のためRGシステム以上の負荷が掛かり非常に破損しやすい諸刃の剣となっている。
 解放させた粒子を集約する事で四肢などからビームソード等を展開でき、主に必殺技として扱われる。
ただしネーミングは大抵ヒカルがその場のノリと勢いで叫ぶため多種多様である。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。